読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神々の騒嵐

の新カードも発表されましたが、「それはそれ、これはこれ」と言うことで、僕の方はのんびりバハ降臨の続きをしていきたいと思います。

別に忘れてた訳じゃないよ。

 

さて今回はウィッチですが、バハ降臨で最も強化されたクラスではないでしょうか。

スタン~エボルブ期はコントロールキラー超越と、ファンデッキの極み土の秘術の2デッキしか存在しない、典型的なコントロール専門のクラスでしたが、軽いフォロワーとドロシーが追加され、ついにテンポまでこなせるようになってしまいました。

また2ピックの方では、今までの弱クラスから中堅ぐらいの強さまであがってきた感じです。特にブロンズに使いやすいフォロワーと、汎用エンハンス除去の破魔の術式を手に入れたことで、後半のボード維持はどのクラスよりもやり易くなっています。しかし、序盤のフォロワーが圧倒的に少ないことと、他のクラスは当たり前に持っている4コス進化時効果持ちのシルバーがいないため、一旦テンポを取られるとひっくり返すのが大変な所は変わっていません。カードパワーは比較的高いので、それをプレイする時間を、いかに作るかが重要です。

 

では、個別評価を。

・次元の魔女、ドロシー

9コスト5/5。ファンファーレ 手札をすべて消滅させ、カードを5枚引く。5回スペルブーストする。スペルブースト コスト-1。
 ファンファーレで手札を5枚にしてくれ、スペブもしてくれる。
 それだけでも充分なのに、本人もスペブ持ちと言うウィッチ筆頭のぶっ壊れ。
 ピック時の相方が余りにも弱くない限り、見たら取るレベルのカード。

エラスムスの秘儀

3コストスペル。ランダムな相手のフォロワー1体に5ダメージ。エンハンス 9 ダメージを与えるのではなく、アークサモナーエラスムス1体を出す。
 3コス5点はとても優秀。
 エンハンスもエラスムス本体が8コスなことを考えれば、充分過ぎるコストである。
 欠点と言えばランダムダメな点だが、進化や他の除去を使って狙う相手を絞っていけ

 ば、ゴールドの名に恥じない活躍をしてくれるだろう。

・禁忌の研究者

6コスト3/5。自分のターン中、相手のフォロワーが破壊されるたび、自分の場にゾンビ1体を出す。自分のターン終了時、自分の場に土の印アミュレットがあるなら、土の秘術 ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
 雑に強いカード。
 土の印カードをピック出来ていれば超絶爆アドカードになるが、取れていなくてもス

 ペルや進化でゾンビを生成できるので、見たら取って良い。
 こいつが生きている限り体力2のフォロワーに人権はなくなるので、出された場合は

 速やかに除去しよう。

・プリンセスマナリア

8コスト3/3。ファンファーレ マナリアドラコ・グレア1体を出し、進化させる。進化後 攻撃時 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
 プチアレキサンダー
 進化権がなくともグレアがとりあえず進化するので、お互い進化権が切れたあと相手

 が大量展開した返しでプレイしたい。
 特に小粒を並べるロイヤル相手には真価を発揮するだろう。
 ただし、グレアもこいつも進化後は所詮4/4なので、過信し過ぎないように注意した

 い。
 これを1手目でピックした際は舞踏などの確定除去を多少意識して取っていこう。

ドワーフアルケミスト

2コスト2/2。ファンファーレ 土の魔片1枚を手札に加える。進化時 土の秘術を持つカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
 土の印と秘術を1枚で調達できるので、秘術デッキなら見たら取って良いレベルのカ

 ード。
 またデッキの方向性がスペブだったとしても、破砕や禁忌の錬金術師などの強力な秘

 術カードを取っていた場合はピックしたい。

 レヴィと違って進化後は3/3なので、殴り要員としては見ないこと。

・神秘の探究者クラーク

3コスト2/3。ファンファーレ スペルブーストを持つ手札のフォロワーすべてを、2回スペルブーストする。
 3コス2/3のため、何のシナジーがなくとも最低限の仕事はする。
 ドロシーのせいでコスト軽減に目が行きがちだが、スペブ分ダメを飛ばせるライトニ

 ングシューターや、スタッツが+1/+1されるルーンブレードサモナーなどを考えれば2

 ピックでもかなり優秀なカード。

・ルーンの貫き

4コストスペル。相手のフォロワー1体に2ダメージ。相手のリーダーに2ダメージ。自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを1にする。
 フォロワー2点+プレイヤー2点の時点で4コス相当のカードなのに、進化を絡めるとな

 ぜか1コスになる(アップデートで2コスに変更)。
 先行4T目に撃つことで返しの進化の被害を抑えられるので、2枚は取って良いカー

 ド。

・ディザスターウィッチ

6コスト5/4。ファンファーレ 紅蓮の魔術1枚を手札に加える。
 進化も何もなく、プレイしただけでとりあえず3点が手に入るのは嬉しい。
 本人も5/4と無視できないスタッツであり、ボードがイーブン以上であれば多大なア

 ドを稼いでくれるだろう。

・マナリアウィザードクレイグ

2コスト2/2。ファンファーレで手札のフォロワー1枚を2回スペルブーストする。
 2コス2/2なので普通に取って良いカード。
 スペブは半分おまけだが、クラークと同じく用途は多い。
 また、後述するゲイザーと組み合わさった時はゲロが出るほど強いので、どちらかを

 取った後はピック時に意識しよう。

・破魔の術式

3コストスペル。コスト3以下の相手のフォロワー1体を破壊する。エンハンス5 コスト3以下のフォロワーではなく、相手のフォロワー1体か、相手のアミュレット1つを破壊する。
 エクスキューションの完全上位互換。
 しかもブロンズなのでピックしやすい。
 2ピックでは滅多にないだろうが、先手3T目のエンシェントエルフを完全に返せる数

 少ないカード。

・タイムレスウィッチ

4コスト3/4フォロワー、ファンファーレで自分のリーダーへのダメージは0になる。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
 実質守護だが、プレイヤーが殴られないだけなので他のフォロワーを守るのには使え

 ない。
 ただし、除去が豊富なウィッチでは4コス3/4というだけでかなり強いため、スタッツ

 目当てだけでピックしても良い。

・ゲイザー

5コスト3/4。スペルブースト コスト-1。
 一度のスペブでコスト相当になるので、普通に強いカード。
 特に上記のマナリアウィザードクレイグと組み合わさった時は、3T目3/4という爆ア

 ドアクションが取れるので、
 どちらかを取った時は後のピックで是非意識したい。

・刃の魔術師

6コスト2/2。疾走。スペルブースト コスト-1。
 3回スペブしてやっとコスト相当なうえ、スタッツも微妙と思ったより強くないカー

 ド。
 それでも疾走というだけでデッキに入れる価値はある。
 有力な相方に付いてくる分には充分と言えるだろう。

 

次回はドラゴンで。